一度は極めた競馬予想。大きな挫折を味わい今ここに羽ばたく馬のごとく、ブログデビュー。予想師さんの検証が1番です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚記念

概要
年末の大一番だった関西地区(阪神競馬場)の阪神大賞典は、その成功を受けて当時の日本中央競馬会理事長であった有馬頼寧により1956年に関東地区(中山競馬場)に創設され定着した有馬記念にその役目を譲った。また春季もクラシック競走やそのトライアルレースが続く関東地区に比べて関西地区の大レースは桜花賞と天皇賞しかなく盛り上がりに欠けていた。そこで「春に有馬記念に匹敵する大競走を開催したい」との関西地区の意向もあり、有馬記念同様にファン投票によって出走馬を決めることを前提に4歳(現3歳)以上の混合の定量の重賞競走・宝塚記念として1960年に創設された。

第1回は阪神競馬場の芝1800mで施行され、翌1961年と1967年に200mずつ延長され現在の芝2200mでの施行となっている。このレースの創設に伴い、宝塚杯(旧・阪神記念)は競走名を阪急杯に変更されている。なお宝塚記念は創設以来、改修や地震災害等の理由から京都競馬場や中京競馬場で代替開催となった事が多くJRAGI(グレード制導入以前も含む)の中では最も代替開催の回数が多いレースとして知られる。

近年では競馬の国際化の流れに乗りフランスの凱旋門賞(G1)等の海外の大きな国際レースへの遠征・出走を見据えて登録を済ませた一流馬が試金石としてこの競走に挑む例が増え、注目を集めている。春季の4歳以上の馬にとって香港のクイーンエリザベス2世カップ(G1)等へ出走する馬も増えてきているが国内では出走可能な唯一の中長距離のGIレースであり、近年春の天皇賞の価値が下がってきていることも影響して以前よりも価値が高くなっている。かつては勝ち抜け制度であった天皇賞の勝ち馬や、天皇賞及びクラシック競走に出走権がなかった外国産馬やせん馬[にとって特に大きな目標となっていた。

宝塚記念では年に一度、本競走でしか演奏されない専用のファンファーレ(JRAの一般公募によって最優秀賞に選出された早川太海の作曲)が使用されている。現在の優勝レイの配色は紺色地に金色文字となっている。

上半期のGI戦線を締めくくる中長距離競走でその年を締めくくる有馬記念を「グランプリ」と呼ぶことになぞらえ、宝塚記念は「春のグランプリ」または「夏のグランプリ(サマーグランプリ)」と呼ばれる。

サマーグランプリの問題点
2006年まで(最終的な)出馬投票対象頭数が出走可能頭数(フルゲート・18頭)に達することはなかった。2007年になって初めてフルゲートと同じ18頭でレースが行われたが、このとき出馬投票の対象となった馬はフルゲートと丁度同じ18頭であった。よって、このレースに出馬投票しながらファン投票数や賞金額の不足により除外(優先順位下位のために出走できない)の憂き目に遭った馬はまだない。フルゲートになりにくい理由としては、以下のような理由がある。

施行日の近くに安田記念(GI)やサマー2000シリーズ等[7]と出走選択肢が豊富で実力的に劣るとされている馬が無理に出走してこない。
馬は暑さに弱い動物であるので高温多湿期には休養することが好ましいとする見方もあり、施行距離が大きく異なる天皇賞(春)(GI)、レース間隔が狭くなる安田記念(GI)東京優駿(日本ダービー、JpnI)等クラシックレースに出走した有力馬が秋のGIシリーズを見据えて疲労を残さないように無理をせず回避をすることに対してもある程度期待がされているという事情がある。番組体系もシリーズ1戦目の天皇賞(秋)などまでには出走可能な賞金額を得るための様々な重賞が整備されているが、疲労などでその時期を逃すと有力馬に重いハンデが課されやすいアルゼンチン共和国杯にほぼ限られるといった事情もある。
加えて阪神競馬場に外回りコースが新設された後も内回り2200mという小回りコースで開催されることで国内や欧州の多くの大レースで使用される大回りコースで活躍する実績馬がそれまでとは異なった馬の適性を求められる割合が増すことで実力を発揮できない場合が多く、それが有力馬の出走回避の理由の1つになっている。これは裏返せば欧州の大レースに挑む際の試金石としても時期以外はさほど適切ではないということにもなる。一方で、アメリカ競馬や香港競馬に目を向ければ大レースでも小回りコースで行われている。
2200mという距離自体にも、競走馬の能力の広汎性を問うという競馬の目的を考慮した場合に2200mの宝塚記念2000mの天皇賞(秋)2400mのジャパンカップのどちらかで好走するよりも後の2競走で好走した方が評価が高くなるという事情もある。また欧州の大競走のほとんどが近代競馬発祥の地のイギリスの競馬を模範として伝統的な基幹距離]である2400mや2000mといった距離の大回りコースで施行されており、2200mは国際間で実績を比較する際に不便という事情もある。ただし、アメリカの競馬場では2200mのG1も多く開催されている。
海外からの競走馬の出走についても2001年に国際G1競走に格付けされて以降も1頭も無く、それより過去に遡って1997年に出走したオーストラリアのセトステイヤー(馬主は日本人)ただ1頭だけである。この時期はヨーロッパや北米ではイギリスのロイヤルアスコットレースミーティングやクラシック戦線の最中であったり国によっては宝塚記念と同様のG1競走が開催されているため、遠征・参戦が難しい時期であることも一因とされている。海外からの参戦を促すために指定レースの優勝馬が宝塚記念を優勝した場合には褒賞金を与える制度はあるが、休催期にあたる香港やオセアニアなどから(世界各国の休催期に開催し有力馬を呼び込むことに成功しているドバイミーティングのように)有力馬を呼び込む状況にはなっていない。
戦後復興期から高度成長期にかけての競馬の水準が東高西低であったり市場規模が異なると言う事情からJRAの番組体系が関東地区の主に東京競馬場を中心に編成されてきたこともあり]、加えて近年になってもジャパンカップ設立安田記念など短距離GIが整備されてきた中で相対的に地位を下げてきたという事情もある。
以上のような事情から伝統的にGIの中でも格が劣るとして扱われ、関東地区のGIのような出走を奨励するための高額賞金や日本調教馬に対する特別報奨金は導入されていない。しかしこのことにより国内のGI開催は関東地区に偏り、関西馬に多くの長距離輸送の負担を負わせているという問題もある。藤沢和雄は国内に1つしかない古馬のGIに基幹距離である2400mを増やし、阪神競馬場の形態を活かすために外回り2400mでの施行を提案している。
出走馬の選出方法
出走資格
サラ系3歳(旧4歳)以上のファン投票及びJRAに選出されたJRA所属の競走馬及び本競走に出走登録した外国競走馬。地方所属馬はJRAに実力を認定された競走馬のみ出走が可能である。

投票について
ファン投票は1人1媒体1通限り、郵送の場合は印刷・ワープロ・ゴム印使用は無効。1人での複数枚投票(複数媒体の使用も含む)も不可。
公式投票ハガキ(競馬場、WINS各会場で配布)と市販のハガキ(官製・私製)、インターネットから投票できる。
ファン投票上位10頭が優先出走できる。
それ以外の馬(外国馬、地方馬除く)については過去1年間の収得賞金額などを加味して決定される。フルゲート18頭まで出走可能。

宝塚記念歴代ファン投票1位]
回数 施行日 馬名 票数 単勝人気 着順
第30回 1989年 ヤエノムテキ 119,765票 1番 7着
第31回 1990年 オグリキャップ 152,016票 1番 2着
第32回 1991年 メジロマックイーン 136,325票 1番 2着
第33回 1992年 メジロマックイーン 135,300票 不出走 -
第34回 1993年 メジロマックイーン 139,693票 1番 優勝
第35回 1994年 ビワハヤヒデ 148,768票 1番 優勝
第36回 1995年 ライスシャワー 105,799票 3番 競走中止
第37回 1996年 ナリタブライアン 140,970票 不出走 -
第38回 1997年 マーベラスサンデー 97,617票 1番 優勝
第39回 1998年 エアグルーヴ 133,223票 3番 3着
第40回 1999年 スペシャルウィーク 136,079票 1番 2着
第41回 2000年 テイエムオペラオー 87,936票 1番 優勝
第42回 2001年 テイエムオペラオー 89,384票 1番 2着
第43回 2002年 ジャングルポケット 72,159票 不出走 -
第44回 2003年 シンボリクリスエス 59,817票 1番 5着
第45回 2004年 リンカーン 60,865票 3番 3着
第46回 2005年 ゼンノロブロイ 67,667票 2番 3着
第47回 2006年 ディープインパクト 89,864票 1番 優勝
第48回 2007年 メイショウサムソン 76,932票 2番 2着
第49回 2008年 ウオッカ 75,594票 不出走 -
第50回 2009年 ウオッカ 139,507票 不出走 -


宝塚記念歴代優勝馬
回数 施行日 調教国・優勝馬 性齢 勝時計 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 1960年6月26日 ホマレーヒロ 牡4 1:49.6 近藤武夫 武輔彦 仁木清七
第2回 1961年7月2日 シーザー 牡4 2:04.6 伊藤修司 伊藤勝吉 伊藤由五郎
第3回 1962年7月1日 コダマ 牡5 2:03.4 栗田勝 武田文吾 伊藤由五郎
第4回 1963年6月30日 リユウフオーレル 牡4 2:02.1 宮本悳 橋本正晴 三好笑子
第5回 1964年7月5日 ヒカルポーラ 牡5 2:03.3 高橋成忠 佐藤勇 坪田喜之助
第6回 1965年6月27日 シンザン 牡4 2:06.3 栗田勝 武田文吾 橋元幸吉
第7回 1966年6月26日 エイトクラウン 牝4 2:15.0 内藤繁春 田中康三 山口昇
第8回 1967年7月2日 タイヨウ 牡4 2:19.4 内藤繁春 武田文吾 内藤博司
第9回 1968年5月26日 ヒカルタカイ 牡4 2:14.7 野平祐二 藤本冨良 長山善健
第10回 1969年6月1日 ダテホーライ 牡4 2:16.1 宇田明彦 星川泉士 (株)伊達牧場
第11回 1970年5月31日 スピードシンボリ 牡7 2:13.3 野平祐二 野平省三 和田共弘
第12回 1971年5月30日 メジロムサシ 牡4 2:17.3 横山富雄 大久保末吉 メジロ商事(株)
第13回 1972年6月4日 ショウフウミドリ 牡6 2:19.9 松本善登 武田文吾 松本市三郎
第14回 1973年6月3日 ハマノパレード 牡4 2:12.7 田島良保 坂口正二 (株)ホースタジマ
第15回 1974年6月2日 ハイセイコー 牡4 2:12.9 増沢末夫 鈴木勝太郎 (株)ホースマンクラブ
第16回 1975年6月1日 ナオキ 牡6 2:16.7 佐々木昭次 田中康三 桜山ホース(株)
第17回 1976年6月6日 フジノパーシア 牡5 2:17.5 大崎昭一 柴田寛 真田繁次
第18回 1977年6月5日 トウショウボーイ 牡4 2:13.0 武邦彦 保田隆芳 トウショウ産業(株)
第19回 1978年6月4日 エリモジョージ 牡6 2:14.2 福永洋一 大久保正陽 山本慎一
第20回 1979年6月3日 サクラショウリ 牡4 2:12.4 小島太 久保田彦之 (株)さくらコマース
第21回 1980年6月1日 テルテンリュウ 牡4 2:31.9 西浦勝一 土門健司 伊藤繁子
第22回 1981年6月7日 カツアール 牡5 2:14.1 樋口弘 柳田次男 栗林英雄
第23回 1982年6月6日 モンテプリンス 牡5 2:12.6 吉永正人 松山吉三郎 毛利喜八
第24回 1983年6月5日 ハギノカムイオー 牡4 2:12.1 伊藤清章 伊藤修司 日隈広吉
第25回 1984年6月3日 カツラギエース 牡4 2:12.4 西浦勝一 土門一美 野出一三
第26回 1985年6月2日 スズカコバン 牡5 2:15.9 村本善之 小林稔 永井永一
第27回 1986年6月1日 パーシャンボーイ 牡4 2:14.4 柴田政人 高松邦男 伊達秀和
第28回 1987年6月14日 スズパレード 牡6 2:12.3 蛯沢誠治 富田六郎 小紫芳夫
第29回 1988年6月12日 タマモクロス 牡4 2:13.2 南井克巳 小原伊佐美 タマモ(株)
第30回 1989年6月11日 イナリワン 牡5 2:14.0 武豊 鈴木清 保手浜弘規
第31回 1990年6月10日 オサイチジョージ 牡4 2:14.0 丸山勝秀 土門一美 野出長一
第32回 1991年6月9日 メジロライアン 牡4 2:13.6 横山典弘 奥平真治 (有)メジロ牧場
第33回 1992年6月14日 メジロパーマー 牡5 2:18.6 山田泰誠 大久保正陽 (有)メジロ牧場
第34回 1993年6月13日 メジロマックイーン 牡6 2:17.7 武豊 池江泰郎 メジロ商事(株)
第35回 1994年6月12日 ビワハヤヒデ 牡4 2:11.2 岡部幸雄 浜田光正 (有)ビワ
第36回 1995年6月4日 ダンツシアトル 牡5 2:10.2 村本善之 山内研二 山元哲二
第37回 1996年7月7日 マヤノトップガン 牡4 2:12.0 田原成貴 坂口正大 田所祐
第38回 1997年7月6日 マーベラスサンデー 牡5 2:11.9 武豊 大沢真 笹原貞生
第39回 1998年7月12日 サイレンススズカ 牡4 2:11.9 南井克巳 橋田満 永井啓弐
第40回 1999年7月11日 グラスワンダー 牡4 2:12.1 的場均 尾形充弘 半沢(有)
第41回 2000年6月25日 テイエムオペラオー 牡4 2:13.8 和田竜二 岩元市三 竹園正繼
第42回 2001年6月24日 メイショウドトウ 牡5 2:11.7 安田康彦 安田伊佐夫 松本好雄
第43回 2002年6月23日 ダンツフレーム 牡4 2:12.9 藤田伸二 山内研二 山元哲二
第44回 2003年6月29日 ヒシミラクル 牡4 2:12.0 角田晃一 佐山優 阿部雅一郎
第45回 2004年6月27日 タップダンスシチー 牡7 2:11.1 佐藤哲三 佐々木晶三 (株)友駿ホースクラブ
第46回 2005年6月26日 スイープトウショウ 牝4 2:11.5 池添謙一 鶴留明雄 トウショウ産業(株)
第47回 2006年6月25日 ディープインパクト 牡4 2:13.0 武豊 池江泰郎 金子真人ホールディングス(株)
第48回 2007年6月24日 アドマイヤムーン 牡4 2:12.4 岩田康誠 松田博資 近藤利一
第49回 2008年6月29日 エイシンデピュティ 牡6 2:15.3 内田博幸 野元昭 平井豊光
第50回 2009年6月28日 ドリームジャーニー 牡5 2:11.3 池添謙一 池江泰寿 (有)サンデーレーシング

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kansaikeiba535.blog62.fc2.com/tb.php/40-8b7fdcf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Ferretアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。