一度は極めた競馬予想。大きな挫折を味わい今ここに羽ばたく馬のごとく、ブログデビュー。予想師さんの検証が1番です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都競馬場

京都競馬場コース
芝コースには内回り、外回りコースがある。外回りコースの第3コーナーにある高低差3.9mの「淀の坂」は有名。春の天皇賞と秋の菊花賞は2度、この坂を越える。直線が平坦であるため、近年は第3コーナーから第4コーナーにかけての下り坂でスパートをかける馬が多い。

芝外回りコースの第3コーナーから第4コーナーのカーブ半径は、109.0m→376.0m→456.0m→100.0mと推移している。コーナーが角張っており、中間に非常に緩やかな偽直線(フランスのロンシャン競馬場で言うフォレス・ストレート)を挟んでいることも特徴(東京競馬場や阪神競馬場の内回りコースも同様の特徴があるがここまで極端ではない)。これにより偽直線の部分は外を回ることによる距離ロスが少なくなり、いわゆる「まくり」が決まりやすい。また、第4コーナーはJRA競馬場の芝コースの中で最も急であり、更に芝内回りコースとの合流点があって内埒が途切れているうえ、下り坂を利してスパートを掛ける馬が多いため、内外に馬群がばらけるシーンが多い。

障害コースでは向こう正面から第3コーナーに出て行く所に二手に別れ、内側の大障害コースに高さ1.5m、幅2.9m(JRAの障害では水濠障害を除く飛越型障害では最も幅広)の大生垣及び、高さ80cm、幅15.9mのバンケット(飛び上がり飛び下り台。「三段跳び」とも「ビッグスワン」とも呼ばれるが、ビッグスワンについては、スタンド増築部分の愛称として採用されてからはあまり呼ばれることは少なくなった)がある。

1993年までの障害コースは正面スタンド前も内外二手に分かれていて通常は外側を通り、京都大障害の時のみ内側の大障害コースを利用する形態であった。

正面大障害コースは大生垣(8号障害 高さ160cm・幅270cm)、大水壕(9号障害 幅385cm)、バンケット(10号障害 高さ80cm・幅15m)。向正面大障害コースは大土塁(11号障害 高さ150cm・幅280cm)、大竹柵(12号障害 高さ140cm・幅160cm)の5つの大障害が待ちかまえていた。阪神競馬場と同様、1999年までは埒が設置されておらず、コース際は全て植え込みや生垣で区切られていた。

1978年までは1周の障害数が6個であり、1号障害は空壕障害(水壕の水を抜いたもの、欧州では一般的な障害)が設置されていたが生垣障害に変更された。


京都競馬場コース概要
芝コース:内回りコースは1周1,782.8m、直線328.4m。外回りコースは1周1,894.3m、直線403.7m。フルゲートは18頭(外回り2,000mは16頭、いずれもAコース使用時)。
ダートコース:1周1,607.6m、直線329.1m、フルゲート16頭(1,000mは14頭)。
障害コース:1周の長さは通常の障害コースは1,414m、大障害コースを通る場合は1,400m。フルゲートは14頭。

京都競馬場距離設定
芝内回り:*1,100m 1,200m 1,400m 1,600m 2,000m
芝外回り:1,400m 1,600m 1,800m *2,000m 2,200m 2,400m 3,000m 3,200m
ダート:*1,000m *1,100m 1,200m 1,400m 1,800m 1,900m *2,600m
障害芝:3,170m(内回り→外回り) *3,180m(外回り2周) 3,930m(大障害)
障害ダート:2,910m 3,170m 3,760m(第1回および第2回京都開催では1~2コーナー、および3コーナー付近に移動柵を設置するため、それぞれ2,930m、3,190m、3,790mとなる)
*のマークが付いている距離のレースは現在は行われていない。
芝1,400m、1,600mは2歳(3歳)新馬・未勝利・500万下条件戦では内回りコースを、それ以外の上級条件戦では外回りコースを使用する。
ダート1,900m、2,600mは冬季積雪時に芝のレースがダート変更になった際に使用されているが、ダート1,900mは2009年より通常レースでも使用される。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kansaikeiba535.blog62.fc2.com/tb.php/13-1f23289e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Ferretアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。