一度は極めた競馬予想。大きな挫折を味わい今ここに羽ばたく馬のごとく、ブログデビュー。予想師さんの検証が1番です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

函館競馬場

競馬場概要
所在地:函館市駒場町12-2
駐車場:有料
入場料金:一般席100円、A指定席1000円、B指定席600円。
在宅投票システム:詳細記事を参照。
電話投票用競馬場コード:02#
例年、夏季「北海道シリーズ」の前半戦として6月中旬-8月上旬に2回・16日間開催している。全て第3場開催として扱われるが、平場も含めた多くのレースで関東(美浦)所属と関西(栗東)所属の馬や騎手が混在する。

かつてはホッカイドウ競馬も開催していたが、1998年に門別競馬場が開設されたことに伴い1997年度を最後に開催権を返上したため、馬場を使用してレースが開催されるのは上記の期間のみとなった。

JRAでは非開催時も場外発売所「パークウインズ」として使用している。また、従前より行われていたホッカイドウ競馬の場外発売はスタンド改築工事のため2008年に終了し、以降はAiba函館港町にて引き続き場外発売を行っている。なお、スタンド改築工事終了後に場外発売が再開されるかは未定。

2008年9月から2010年5月までスタンド改築工事を行っているため、2009年は場外発売・払戻業務のみ行われ、開催は全て札幌競馬場に振り替えとなる。

なおこれまでは検疫厩舎がなく、函館競馬場で実施される重賞競走は国際競走に指定されていなかったが、2009年より函館スプリントステークス・函館記念が、2010年より函館2歳ステークスがそれぞれ国際競走に指定される。ただし前述の通り2009年は函館競馬場で開催を行わないため、函館競馬場での国際競走は開催が再開される2010年以降になる。

ダートコースの内側には調教用のウッドチップコースが設けられている。これはかつて中央競馬に所属していたアラブ系競走馬の調教コースだったものを改修してできたもので、競馬場にある調教施設としては函館競馬場のみ設置されている。

中央競馬の競馬場では唯一、スタンドから海(津軽海峡)を臨むことができる。また、函館空港の滑走路の延長線上に位置するため、通常時は空港に飛行機が着陸する様子が間近に見られる。


コース概要
芝コース・ダートコースとも向正面に約3mの上り坂があるものの、直線は平坦な右回りコース。

ゴールまでの直線は中央競馬で一番短い。障害コースは現在設置されていないが、終戦直後頃までは設置されており、馬場中央には襷コースがあったほか、1・2コーナーでは、平地コースの外側に出て、現在の厩舎地区を外寄りに通るコースとなっていた。競馬場の敷地形状は、当時の名残である。

1994年のコース改修工事でスパイラルカーブが導入され、コーナーが曲がりやすくなった。また、芝コースも札幌競馬場と同様の洋芝へと変更された。

芝コース改修前の路盤は芝の生育を最優先に考え、野芝に畑の黒土という構成であったが、この路盤では晴天が続くとカラカラに乾いた硬い馬場になり、逆に雨が降ると水はけが悪いために泥んこの不良馬場になっていた。1988年に函館記念 (JRAGIII) でサッカーボーイが記録した芝2000mのレコードタイム(1分57秒8)は当時の日本レコードとなる破格のタイムであったが、この硬い馬場もひとつの要因である。
なお、コース改修後最初の開催は1開催(当時の9月開催)限定で行われ、芝コースは育成の関係で使用せず、ダートコースのみで行った[3]。

馬により洋芝コースに対する適性が異なるため、道外の競馬場で結果を残せなかった馬が函館競馬場で好走する場合がある。同様に洋芝を採用している札幌競馬場でも同じ傾向がみられる。


芝コース
1周距離:Aコース1627m、Bコース1652m、Cコース1677m
直線:262m
コース幅員:Aコース29m、Bコース25m、Cコース21m
フルゲート:1000mは14頭、1700mは12頭、その他は16頭(いずれもAコース使用時)
距離設定:1000m、1200m、1700m、1800m、2000m、2600m
芝1700mのコース設定は、1994年以降使用されていない。

ダートコース
現在行われている中央競馬について記す。

1周距離:1476m
直線:260m
コース幅員:20m
フルゲート:1700mは13頭、その他は12頭
距離設定:1000m、1700m、2400m

スポンサーサイト
Ferretアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。