一度は極めた競馬予想。大きな挫折を味わい今ここに羽ばたく馬のごとく、ブログデビュー。予想師さんの検証が1番です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凱旋門賞

概要

1920年第一次世界大戦後に衰退したフランス競馬再興を掲げかつての大レースであるパリ大賞典に匹敵する大レース創設を目指しパン・ヨーロッパ(欧州一)、パン・ワールド(世界一)を目標として誕生した国際競走でヨーロッパのみならず世界中のホースマンがダービーステークスケンタッキーダービーと並び憧れ、勝利を目標とする世界最高峰の競走の1つである。

ヨーロッパでの競馬シーズンの終盤戦に開催されることでその年のヨーロッパ各地の活躍馬が一堂に会し、ヨーロッパチャンピオン決定戦の位置づけとなっている。同じような位置づけの競走でイギリスのキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスはヨーロッパ上半期のチャンピオン決定戦となっているが、凱旋門賞のほうは各国のダービーなどを勝ってきた3歳馬が参加することでより高い価値を保っている(日本に当てはめると、その年の総決算であるということで有馬記念と各国のチャンピオン級が集まるということでジャパンカップと両方を合わせたようなものと考えるとよい)。

2008年より芝の競走ではジャパンカップを上回り世界一総額賞金の高い競走になった。

日本でも抜群に知名度や人気の高い競走で日本の馬が海外遠征をする場合も凱旋門賞を目指す場合が多く、日本国内で最上級の活躍をした競走馬が1960年代後半からしばしば参戦している。

なお、欧州以外の国で調教を受けた馬が優勝したことはない(欧州調教師の管理下でのUAE調教馬の優勝例はある)。欧州馬以外の最高着順は、日本から出走したエルコンドルパサーとニュージーランドから出走したBalmerino(バルメリーノ)の2着である。

凱旋門賞解説

同競走の出走条件は3歳以上の牡馬牝馬で、騸(せん)馬には出走資格がない。これは同競走が繁殖馬の選定の競走と定められているためである。

負担重量は3歳牡馬は56kg、4歳以上の牡馬は59.5kg、牝馬1.5kg減と定められており(1995年以降)、3歳馬と古馬との斤量差が同時期の日本より0.5kg大きくなっている。

世界一総額賞金の高い競走(2008年現在)であり1着賞金は228万5,600ユーロ(約2億9000万円)、総賞金額は400万ユーロ(約5億700万円)である(同じヨーロッパの大レースであるキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスの1着賞金は43万UKポンド(約6950万円))。2008年よりスポンサーがそれまでのルシアン・ヴァリエール(フランスの代表的な高級ホテルグループ)からカタール・レーシング&エクエストリアンクラブとなり、2007年の総額賞金の2倍にあたる400万ユーロが総額賞金となった。これによりドバイワールドカップに次ぐ総額賞金の高い競走となり、芝の競走ではジャパンカップを上回り世界一総額賞金の高い競走になった。

凱旋門賞当日はロンシャンウィークエンドと呼ばれる国際競走デーが開催され同レースをメインに7つのGI競走が施行される。

凱旋門賞傾向

2009年までの88回中、地元の3歳馬の優勝が43回とほぼ半数を占めており、近年に限っても1990年より2009年までの20年間に12勝を挙げているようにフランス調教の3歳馬が優位となっている。

近年のフランス競馬の高速化に伴い好時計で優勝する事が相次いでいるが、一方で硬すぎる馬場に対する批判も少なくない。フランスの馬場はイギリスの競馬場の馬場に比べると硬く、イギリスの競馬よりスピードが必要であるといわれている。そのため、イギリスのクラシックレースキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスを制覇した馬の最後の難関とされている(しかし硬いとは言っても日本やアメリカ、イタリアなどの馬場に比べればかなり重い馬場である)。

近年は世界の趨勢として種牡馬になる際に2000mの中距離戦や1600mのマイル戦などの実績を重視する傾向が強くなってきており、こうした競走や北米で主流のダートへの適性を示して種牡馬価値を高めるため一部の陣営が凱旋門賞を回避[5]し必ずしもその年の「ヨーロッパチャンピオン決定戦」とならない場合もあり、1999年から2008年までの10年間のうち凱旋門賞優勝馬がヨーロッパ年度代表馬に選出されたのは4回にとどまっている。

凱旋門賞日本での評価

日本では必ずしもヨーロッパで高い評価を得られた場合でなくとも凱旋門賞の優勝馬には大きな注目が集まり1959年以降、2008年までに15頭が種馬として輸入されている(1年間のみのリース種牡馬1頭、牝馬1頭を含む)。特に1988年以降は10年間で6頭が種牡馬として日本に輸入される人気だった。

これらのうち1959年の優勝馬セントクレスピンや1986年優勝馬のダンシングブレーヴは種牡馬としての重大な欠陥[7]をもって輸入されたが、日本での治療により種牡馬能力を回復して八大競走優勝馬を複数出すほどの好成績を残した。最良の成績を残したのは1988年優勝のトニービンで、1994年に日本の種牡馬チャンピオンとなった。また、1994年の優勝馬カーネギーは日本と南半球を行き来するシャトル種牡馬となってオセアニアで活躍馬を輩出している。また牝馬の優勝馬はサンサンがただ1頭輸入され、重賞勝ち馬2頭を産んでいる。

一方、ラインゴールド、プリンスロイヤルのように不振だったものもおり中でも1995年優勝のラムタラは44億円と言う巨額のシンジケートが組まれて輸入されたものの大きく期待に反する種牡馬成績に終わった。このラムタラのほかボンモー、キャロルハウスエリシオマリエンバードが再輸出された。トピオはもっぱら三冠馬ミスターシービーの母の父として名を残すにとどまっている。

2006年ディープインパクトが挑戦した際には日本の放送史上初めて、地上波での海外競馬の生中継がNHKによって行われた。

凱旋門賞歴史

「凱旋門賞」という名称の競走は1890年以前から春に敗者限定競走として行われていた。一方、10月初めには「ナンテール賞」(Prix de Nanterre)という売却競走[8]が行われていた。そこでこの「ナンテール賞」を廃止し、「凱旋門賞」を改めて新設の国際競走として秋に施行されるようになった(後に「ナンテール賞」は春に施行される3歳限定の競走として改めて創設された)。名称を「戦勝賞」(Prix de Victoire)にしようという案もあった。

スポンサーサイト
Ferretアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。