一度は極めた競馬予想。大きな挫折を味わい今ここに羽ばたく馬のごとく、ブログデビュー。予想師さんの検証が1番です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都大賞典 概要

1966年に「ハリウッドターフクラブ賞」の名称で創設された4歳(現3歳)以上の競走馬による重賞競走。条件や施行時期の変遷(次節参照)を経て、現在は天皇賞(秋)だけでなくジャパンカップを見据えた前哨戦に位置付けされている重賞(GII)競走である。

中央競馬の秋GIシーズンへの重要なステップ競走であることから、春の天皇賞(春)宝塚記念後に夏シーズンを休養にまわした有力馬陣営が秋の初戦で使うことが多い競走である。施行距離が芝2400mであるが故、同日に行われる芝1800mの毎日王冠より長距離向きの有力馬が出走する傾向にある。

同じ天皇賞(秋)の前哨戦として位置付けされている毎日王冠は、距離が芝1800mであるために天皇賞(秋)からマイルチャンピオンシップへ向かうローテーションを取る中距離以下を得意とする競走馬が多く、一方で距離が芝2400mである京都大賞典は、天皇賞(秋)からジャパンカップから有馬記念のローテーションを取る中長距離を得意とするの競走馬が出走することが多い。しかし近年は一線級の有力馬陣営がジャパンカップから有馬記念を目標にしていることや、以後ローテーション的に出走間隔が短くしまうことなどから、距離の長い京都大賞典よりも毎日王冠の方に有力馬が集中する傾向にあり、また京都大賞典に出走せず札幌記念オールカマーからGIに臨むケースもある。逆に当競走から天皇賞(秋)を回避してジャパンカップに挑むケースもあり、レガシーワールドマーベラスクラウンタップダンスシチーなどがこのローテーションでジャパンカップを制覇している。

出走資格はサラ系3歳(旧4歳)以上のJRA所属馬(外国産馬含む)、外国調教馬、および所定の条件を満たした地方競馬所属馬。

負担重量は別定で3歳54kg、4歳上57kg、牝馬2kg減、但し、牝馬限定GI級優勝馬を除くGI級優勝馬2kg増、牝馬限定GI級優勝馬・牝馬限定GII優勝馬を除くGII級優勝馬1Kg増、及び施行日当日から過去1年以上超の牝馬限定GI級優勝馬を除くGI級優勝馬1kg増(2歳時の成績を除く)

総額賞金は1億2330万円。1着賞金6500万円で、以下2着賞金2600万円、3着賞金1600万円、4着賞金980万円、5着賞金650万円。

なお、地方競馬所属馬の天皇賞(秋)およびエリザベス女王杯へのステップ競走に指定されており、1着および2着となった場合に当該競走への出走権が与えられる。

現在の優勝レイの配色は、赤紫色の地に銀色文字となっている。

京都大賞典 歴史

京都大賞典 歴代優勝馬

回数施行日優勝馬性齢勝時計優勝騎手管理調教師馬主
第1回1966年10月9日キヨウエイヒカリ牡33:21.4清水出美星川泉士松岡正雄
第2回1967年10月22日シバフジ牡32:26.9松本善登浅見国一内芝伝一
第3回1968年10月20日マーチス牡32:27.8久保敏文伊藤修司大久保常吉
第4回1969年10月19日フイニイ牡52:30.4保田隆芳尾形藤吉永田賢介
第5回1970年10月18日ニューキミノナハ牡42:38.7簗田善則庄野穂積岡山信一
第6回1971年10月17日メジロアサマ牡52:28.3池上昌弘保田隆芳北野豊吉
第7回1972年10月15日キームスビィミー牡62:26.6小野幸治小林稔木村昭子
第8回1973年10月14日タニノチカラ牡42:31.8田島日出雄島崎宏谷水雄三
第9回1974年10月13日タニノチカラ牡52:29.6田島日出雄島崎宏谷水雄三
第10回1975年10月12日イシノマサル牡32:32.5加賀武見浅野武志(株)イシノ
第11回1976年10月17日パッシングベンチャ牡32:27.3飯田明弘小林稔山本慎一
第12回1977年10月16日テンポイント牡42:27.9鹿戸明小川佐助高田久成
第13回1978年10月15日リュウキコウ牡42:27.3久保敏文久保道雄三好笑子
第14回1979年10月14日テンメイ牡52:27.3清水英次坂田正行近藤克夫
第15回1980年10月12日シルクスキー牝42:32.5伊藤清章伊藤修司中山信一
第16回1981年10月4日イナドコトブキ牡52:30.4村本善之新川恵芳村寿郎
第17回1982年10月10日メジロカーラ牝32:26.2田原成貴浅見国一(有)メジロ牧場
第18回1983年10月9日ヤマノシラギク牝42:28.9松田幸春大久保正陽奥村啓二
第19回1984年10月7日スズカコバン牡42:25.8村本善之小林稔永井永一
第20回1985年10月6日ヤマノシラギク牝62:28.9清水英次大久保正陽奥村啓二
第21回1986年10月5日スズカコバン牡62:26.9河内洋小林稔永井永一
第22回1987年10月11日トウカイローマン牝62:29.6武豊中村均内村正則
第23回1988年10月9日メイショウエイカン牡52:27.1松永幹夫高橋成忠松本好雄
第24回1989年10月8日スーパークリーク牡42:25.0武豊伊藤修司木倉誠
第25回1990年10月7日スーパークリーク牡52:26.9武豊伊藤修司木倉誠
第26回1991年10月6日メジロマックイーン牡42:26.5武豊池江泰郎メジロ商事(株)
第27回1992年10月11日オースミロッチ牡52:24.6松本達也中尾正山路秀則
第28回1993年10月10日メジロマックイーン牡62:22.7武豊池江泰郎メジロ商事(株)
第29回1994年10月9日マーベラスクラウン42:31.0南井克巳大沢真笹原貞生
第30回1995年10月8日ヒシアマゾン牝42:25.3中舘英二中野隆良阿部雅一郎
第31回1996年10月6日マーベラスサンデー牡52:25.1武豊大沢真笹原貞生
第32回1997年10月5日シルクジャスティス牡32:26.2藤田伸二大久保正陽(有)シルク
第33回1998年10月11日セイウンスカイ牡32:25.6横山典弘保田一隆西山正行
第34回1999年10月10日ツルマルツヨシ牡42:24.3藤田伸二二分久男鶴田任男
第35回2000年10月8日テイエムオペラオー牡42:26.0和田竜二岩元市三竹園正繼
第36回2001年10月7日テイエムオペラオー牡52:25.0和田竜二岩元市三竹園正繼
第37回2002年10月6日ナリタトップロード牡62:23.6四位洋文沖芳夫山路秀則
第38回2003年10月12日日本の旗タップダンスシチー牡62:26.6佐藤哲三佐々木晶三(株)友駿ホースクラブ
第39回2004年10月10日日本の旗ナリタセンチュリー牡52:25.2田島裕和藤沢則雄山路秀則
第40回2005年10月9日日本の旗リンカーン牡52:25.4武豊音無秀孝近藤英子
第41回2006年10月8日日本の旗スイープトウショウ牝52:31.5池添謙一鶴留明雄トウショウ産業(株)
第42回2007年10月7日日本の旗インティライミ牡52:24.8佐藤哲三佐々木晶三(有)サンデーレーシング
第43回2008年10月12日日本の旗トーホウアラン牡52:26.9鮫島良太藤原英昭東豊物産(株)

※2003年以降は国際重賞(国際GII)競走により国旗を表記。

京都大賞典からの天皇賞(秋)優勝馬

天皇賞(秋)の前哨戦の1競走として施行されているが7頭が同年の天皇賞(秋)を制覇している。

回数施行日馬名性齢着順他の同年のGI級優勝
第7回1972年10月15日ヤマニンウエーブ牡53着 
第8回1973年10月14日タニノチカラ牡41着 
第12回1977年10月16日ホクトボーイ牡46着 
第24回1989年10月8日スーパークリーク牡41着 
第34回1999年10月10日スペシャルウィーク牡47着第19回ジャパンカップ
第35回2000年10月8日テイエムオペラオー牡41着第20回ジャパンカップ
第45回有馬記念
第39回2004年10月10日ゼンノロブロイ牡42着第24回ジャパンカップ
第49回有馬記念

京都大賞典からの他のGI級優勝馬

第1回から天皇賞(秋)以外で同年のGI級優勝が15頭の例がある。

回数施行日馬名性齢着順優勝競走
第2回1967年10月22日ニットエイト牡35着第28回菊花賞
第5回1970年10月18日スピードシンボリ牡77着第15回有馬記念
第9回1974年10月13日タニノチカラ牡51着第19回有馬記念
第12回1977年10月16日テンポイント牡41着第22回有馬記念
第14回1979年10月14日ハシハーミット牡32着第40回菊花賞
第26回1991年10月6日ダイユウサク牡65着第36回有馬記念
第27回1992年10月11日メジロパーマー牡59着第37回有馬記念
第28回1993年10月10日レガシーワールド騸42着第13回ジャパンカップ
第29回1994年10月9日マーベラスクラウン騸41着第14回ジャパンカップ
第31回1996年10月6日ダンスパートナー牝44着第21回エリザベス女王杯
第32回1997年10月5日シルクジャスティス牡31着第42回有馬記念
第33回1998年10月11日セイウンスカイ牡31着第59回菊花賞
第36回2001年10月7日ステイゴールド牡7失格第8回香港ヴァーズ
第38回2003年10月12日タップダンスシチー牡61着第23回ジャパンカップ
第39回2004年10月10日アドマイヤグルーヴ牝44着第29回エリザベス女王杯
スポンサーサイト
毎日王冠 概要

1950年に「毎日王冠」の名称で創設された4歳(現3歳)以上の競走馬による重賞競走。条件や施行時期の変遷(次節参照)を経て、現在は天皇賞(秋)だけでなくマイルチャンピオンシップの2つのGI競走の前哨戦の位置付けをしており、中長距離の有力馬が出走をしてくる注目度の高い重賞(GII)競走である。

中央競馬の秋GIシーズンへの重要なステップ競走であることから、春の安田記念宝塚記念後に夏シーズンを休養にまわした有力馬陣営が秋の初戦で使うことが多い競走である。施行距離が芝1800mであるが故、本番につながる天皇賞(秋)が同じ東京競馬場の200m長い芝2000mで、そして京都競馬場のマイルチャンピオンシップが200m短い芝1600mで行われることから同日に行われる芝2400mの京都大賞典より重視されている。

第56回毎日王冠
2005年10月9日 東京競馬場

かつては天皇賞(秋)に外国産馬が出走できなかったことから、秋のGIシーズンを前にして有力な内国産馬と外国産馬が出走する競走となり、1993年にはシンコウラブリイがその後天皇賞で1,2着となるヤマニンゼファーセキテイリュウオーを相手に完勝したり、1998年第49回)にはサイレンススズカエルコンドルパサーグラスワンダーの3強による限りなくGIに近いGIIとして盛り上がりを見せ、その年には実際に平均レート国際GI認定基準に達したり、グレード認定後1984年~2008年現在までの25回のうち15回をその時点、あるいは後のGI優勝馬が制するなど非常にレベルの高い競走として知られる。

出走資格はサラ系3歳(旧4歳)以上のJRA所属馬(外国産馬含む)、外国調教馬、および所定の条件を満たした地方競馬所属馬。

負担重量は別定で3歳54kg、4歳上57kg、牝馬2kg減、但し、牝馬限定GI級優勝馬を除くGI級優勝馬2kg増、牝馬限定GI級優勝馬・牝馬限定GII優勝馬を除くGII級優勝馬1Kg増、及び施行日当日から過去1年以上超の牝馬限定GI級優勝馬を除くGI級優勝馬1kg増(2歳時の成績を除く)

総額賞金は1億1700万円。1着賞金6400万円で、以下2着賞金2100万円、3着賞金1600万円、4着賞金960万円、5着賞金640万円。

名称の通り、優勝馬主には副賞品として王冠が贈呈される。また、現在の優勝レイは赤地に金文字となっている。

毎日王冠 歴史

  • 1950年 - 4歳(現3歳)以上の競走馬による別定の混合の重賞競走として「第1回毎日王冠」が創設され、東京競馬場の芝2500mで施行された。
  • 1955年 - 施行場を中山競馬場の芝2600mに変更。
  • 1956年 - 中山競馬場のスタンド改築工事に伴う振替開催により、東京競馬場の芝2500mで施行。
  • 1958年 - 施行場を東京競馬場の芝2500mに戻す。
  • 1959年 - 施行距離を芝2300mに変更。
  • 1962年 - 施行距離を芝2000mに変更。
  • 1964年 - 施行場を中山競馬場の芝2000mに変更。
  • 1966年 - 中山競馬場のトータリゼータシステム導入工事及びダートコース新設工事に伴う振替開催により、東京競馬場の芝2000mで施行。
  • 1968年 - 施行場を東京競馬場の芝2000mに戻す。
  • 1969年 - 当年のみ施行距離をダート2100mで施行。
  • 1970年 - 施行場を中山競馬場の芝2000mに戻す。
  • 1973年 - 新潟競馬場のスタンド新築工事による振替開催により、福島競馬場の芝2000mで施行。
  • 1974年 - 施行場を東京競馬場の芝2000mに戻す。
  • 1975年 - 京葉労働組合の労働協議の影響による開催中止の振替開催により、中山競馬場の芝2000mで施行。
  • 1980年 - 中山競馬場の芝2000mで施行。
  • 1984年
    • 混合競走から除外。
    • 施行距離を芝1800mに変更。
    • グレード制施行によりGIIに格付け。
  • 1988年 - 発走前の輪乗り中にダイナアクトレスレジェンドテイオーシリウスシンボリに蹴られ、レジェンドテイオーが発走除外。
  • 1989年
  • 1995年 - 指定交流競走に指定。
  • 1996年
  • 2001年
    • 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走資格が「4歳以上」から「3歳以上」に変更。
    • 国際GIIに指定。
  • 2002年 - 東京競馬場の改修工事による振替開催により、中山競馬場の芝1800mで施行。
  • 2007年 - チョウサンがコースレコード1分44秒2で優勝。

毎日王冠 歴代優勝馬

回数施行日優勝馬性齢勝時計優勝騎手管理調教師馬主
第1回1950年11月12日ハタカゼ牡32:37 1/5保田隆芳尾形藤吉癸生川善松
第2回1951年9月23日ミツハタ牡32:36 2/5矢野幸夫東原玉造河野信一
第3回1952年11月30日ニユーモアナ牡32:38 1/5中村広見上恒芳中山惣兵衛
第4回1953年11月29日トラツクオー牡52:35 1/5二本柳俊夫久保田金造岩本政一
第5回1954年10月3日ハクリヨウ牡42:35 2/5保田隆芳尾形藤吉西博
第6回1955年10月2日サスケハナ牝32:49 4/5二本柳俊夫稲葉秀男木村秀夫
第7回1956年9月23日フエアマンナ牝32:39 1/5佐藤嘉秋大久保房松小林庄平
第8回1957年9月22日ハクチカラ牡42:47 1/5保田隆芳尾形藤吉西博
第9回1958年9月21日ヒシマサル牡32:37 2/5小野定夫矢野幸夫阿部雅信
第10回1959年9月20日クリペロ牡42:21.8森安弘明尾形藤吉栗林友二
第11回1960年9月18日ウネビヒカリ牡42:21.9野平祐二野平省三山之内喜代子
第12回1961年9月17日ハローモア牡52:25.1保田隆芳尾形藤吉エス・ワイ
第13回1962年9月16日エムローン牡42:02.5加賀武見高木良三宗川五郎
第14回1963年9月29日ヤマノオー牡42:03.2森安弘明内藤潔山口米吉
第15回1964年9月20日トースト牝52:04.0保田隆芳尾形藤吉永田雅一
第16回1965年9月12日ウメノチカラ牡42:03.6伊藤竹男古賀嘉蔵梅野昇
第17回1966年10月2日セフトウエー牡42:05.8野平祐二野平富久鈴木晴
第18回1967年12月10日タマクイン牝42:06.5小島太高木良三宇都宮登
第19回1968年9月15日シエスキイ牡52:06.3郷原洋行大久保房松小林庄平
第20回1969年9月14日タケシバオー牡42:10.9古山良司三井末太郎小畑正雄
第21回1970年9月6日クリシバ牡32:03.6郷原洋行吉野勇栗林友二
第22回1971年9月12日トキノシンオー牡42:05.0小島太高木良三小松金太郎
第23回1972年9月24日ハスラー牡42:02.4伊藤栄中村広(株)ホースマンクラブ
第24回1973年9月2日タクマオー牡52:03.3蛯沢誠治成宮明光中村雄二
第25回1974年9月22日タケクマヒカル牡52:01.6矢野照正中村広武隈水雄
第26回1975年9月21日ホワイトフォンテン牡52:01.3蛯名信広大久保勝之吉橋計
第27回1976年9月26日ハーバーヤング牡42:00.9岡部幸雄稲葉秀男(株)ハーバー
第28回1977年9月25日シービークイン牝42:00.2吉永正人松山吉三郎千明牧場
第29回1978年9月24日プレストウコウ牡42:01.2安田富男加藤朝治郎渡辺喜八郎
第30回1979年9月23日シービークロス牡41:59.9吉永正人松山吉三郎(株)丸池温泉ホテル
第31回1980年9月21日カネミノブ牡62:01.5加賀武見阿部新生畠山伊公子
第32回1981年10月4日ジュウジアロー牝41:59.4安田富男加藤修甫岡田充司
第33回1982年10月10日キョウエイプロミス牡52:01.0柴田政人高松邦男松岡正雄
第34回1983年10月9日タカラテンリュウ牡42:03.1嶋田功佐々木亜良原田さち子
第35回1984年10月7日カツラギエース牡41:47.5西浦勝一土門一美野出一三
第36回1985年10月6日ゴールドウェイ牡41:50.8南井克巳武宏平小川立義
第37回1986年10月5日サクラユタカオー牡41:46.0小島太境勝太郎(株)さくらコマース
第38回1987年10月11日ダイナアクトレス牝41:46.1岡部幸雄矢野進(有)社台レースホース
第39回1988年10月9日オグリキャップ牡31:49.2河内洋瀬戸口勉佐橋五十雄
第40回1989年10月8日オグリキャップ牡41:46.7南井克巳瀬戸口勉近藤俊典
第41回1990年10月7日ラッキーゲラン牡41:46.7内田浩一池江泰郎ロイヤルファーム(有)
第42回1991年10月6日プレクラスニー牡41:46.1江田照男矢野照正田島栄二郎
第43回1992年10月11日ダイタクヘリオス牡51:45.6岸滋彦梅田康雄中村雅一
第44回1993年10月10日シンコウラブリイ牝41:45.5岡部幸雄藤沢和雄安田修
第45回1994年10月9日ネーハイシーザー牡41:44.6塩村克己布施正(株)大丸企業
第46回1995年10月8日スガノオージ牡41:48.4安田富男上原博之菅原元秀
第47回1996年10月6日アラブ首長国連邦の旗アヌスミラビリス牡41:45.8D.ホランドS.スルールゴドルフィン
第48回1997年10月5日日本の旗バブルガムフェロー牡41:46.1岡部幸雄藤沢和雄(有)社台レースホース
第49回1998年10月11日日本の旗サイレンススズカ牡41:44.9武豊橋田満永井啓弐
第50回1999年10月10日日本の旗グラスワンダー牡41:45.8的場均尾形充弘半沢(有)
第51回2000年10月8日日本の旗トゥナンテ牡51:46.1幸英明松元省一(有)社台レースホース
第52回2001年10月7日日本の旗エイシンプレストン牡41:45.3福永祐一北橋修二平井豊光
第53回2002年10月6日日本の旗マグナーテン61:46.1岡部幸雄藤沢和雄駒井孝男
第54回2003年10月12日日本の旗バランスオブゲーム牡41:45.7田中勝春宗像義忠薗部博之
第55回2004年10月10日日本の旗テレグノシス牡51:46.0勝浦正樹杉浦宏昭(有)社台レースホース
第56回2005年10月9日日本の旗サンライズペガサス牡71:46.5後藤浩輝石坂正松岡隆雄
第57回2006年10月8日日本の旗ダイワメジャー牡51:45.5安藤勝己上原博之大城敬三
第58回2007年10月7日日本の旗チョウサン牡51:44.2松岡正海清水利章長山尚義
第59回2008年10月12日日本の旗スーパーホーネット牡51:44.6藤岡佑介矢作芳人森本悳男

※1996年以降は国際重賞(国際GII)競走により国旗を表記。

毎日王冠からの天皇賞(秋)優勝馬

天皇賞(秋)の前哨戦の1競走として施行されているが21頭が同年の天皇賞(秋)を制覇している。

回数施行日馬名性齢着順他の同年のGI級優勝
第8回1957年9月22日ハクチカラ牡41着第2回有馬記念
第9回1958年9月21日セルローズ牝43着 
第11回1960年9月18日オーテモン牡55着 
第12回1961年9月17日タカマガハラ牡42着 
第15回1964年9月20日ヤマトキヨウダイ牡44着第9回有馬記念
第25回1974年9月22日カミノテシオ牡43着 
第30回1979年9月23日スリージャイアンツ牡43着 
第31回1980年9月21日プリテイキャスト牝53着 
第33回1982年10月10日メジロティターン牡45着 
第35回1984年10月7日ミスターシービー牡42着 
第33回1982年10月10日メジロティターン牡45着 
第37回1986年10月5日サクラユタカオー牡41着 
第38回1987年10月11日ニッポーテイオー牡43着第4回マイルチャンピオンシップ
第42回1991年10月6日プレクラスニー牡41着 
第44回1993年10月10日ヤマニンゼファー牡56着 
第45回1994年10月9日ネーハイシーザー牡41着 
第46回1995年10月8日サクラチトセオー牡54着 
第47回1996年10月6日バブルガムフェロー牡33着 
第57回2006年10月8日ダイワメジャー牡51着第23回マイルチャンピオンシップ
第59回2008年10月12日ウオッカ牝42着 

毎日王冠からの他のGI級優勝馬

第1回から天皇賞(秋)以外で同年のGI級優勝馬が22頭、25例の優勝がある。

回数施行日馬名性齢着順優勝競走
第6回1955年10月2日メイヂヒカリ牡32着第16回菊花賞
第7回1956年9月23日キタノオー牡44着第17回菊花賞
第20回1969年9月14日タケシバオー牡41着第3回英国フェア開催記念
第21回1970年9月6日スピードシンボリ牡72着第15回有馬記念
第24回1973年9月2日ストロングエイト牡43着第18回有馬記念
第29回1978年9月24日カネミノブ牡42着第23回有馬記念
第32回1981年10月4日アンバーシャダイ牡42着第26回有馬記念
第35回1984年10月7日カツラギエース牡41着第4回ジャパンカップ
第36回1985年10月6日ニホンピロウイナー牡54着第2回マイルチャンピオンシップ
第39回1988年10月9日オグリキャップ牡31着第33回有馬記念
第40回1989年10月8日オグリキャップ
イナリワン
牡4
牡5
1着
2着
第6回マイルチャンピオンシップ
第34回有馬記念
第41回1990年10月7日バンブーメモリー牡55着第24回スプリンターズステークス
第42回1991年10月6日ダイタクヘリオス牡42着第8回マイルチャンピオンシップ
第43回1992年10月11日ダイタクヘリオス牡51着第9回マイルチャンピオンシップ
第44回1993年10月10日シンコウラブリイ牝41着第10回マイルチャンピオンシップ
第45回1994年10月9日サクラバクシンオー牡54着第28回スプリンターズステークス
第46回1995年10月8日トロットサンダー牡63着第12回マイルチャンピオンシップ
第49回1998年10月11日エルコンドルパサー
グラスワンダー
牡3
牡3
2着
5着
第18回ジャパンカップ
第43回有馬記念
第50回1999年10月10日グラスワンダー
メジロドーベル
牡4
牝5
1着
6着
第44回有馬記念
第24回エリザベス女王杯
第52回2001年10月7日エイシンプレストン牡41着第11回香港マイル
第56回2005年10月9日スイープトウショウ牝46着第30回エリザベス女王杯
第58回2007年10月7日ダイワメジャー牡63着第24回マイルチャンピオンシップ
シリウスステークス概要

1990年中京競馬場の芝1200mの4歳(現3歳)以上による混合・別定のオープン特別競走「シリウスステークス」として施行されたのが始まりで、この年からGIに昇格したスプリンターズステークスの前哨戦として位置付けられていた。競走名や施行条件・時期の変遷(次節参照)を経て、現在は阪神競馬場のダート2000mの重賞(GIII・統一GIII)競走として、JBCクラシックジャパンカップダートを見据えた競走の位置付けになっている。

1997年に重賞競走となった当初は12月上旬に施行されておりフェブラリーステークスへ向けてのステップとしての位置付けだったが、JBCスプリントの新設に伴い2001年からは施行時期が9月末から10月初頭の時期に移された。

ダート1400mで施行されていた頃はJBCスプリントの前哨戦に位置付けられていて、2002年優勝のスターリングローズ2005年優勝のブルーコンコルドはそれぞれ同年のJBCスプリントを優勝、またブロードアピールマイネルセレクトアグネスウイングも2着と、優勝馬は全て連対している。

2007年からは阪神競馬場の改修工事に伴うコース新設によりダート2000mの競走となり、中央競馬におけるダート2000mの重賞競走は、1988年札幌記念以来19年ぶりとなった。

出走資格は、サラ系3歳(旧4歳)以上のJRA所属の競走馬外国産馬含む)及び、JRAに認定された地方所属の競走馬(5頭まで)及び外国調教馬である。

負担斤量条件はハンデキャップ

総額賞金は7460万円。1着賞金3900万円で、以下2着賞金1600万円、3着賞金980万円、4着賞金590万円、5着賞金390万円。

歴史 

  • 1990年 - 4歳(現3歳)以上の競走馬による混合・別定のオープン特別競走として「シリウスステークス」が、中京競馬場・芝1200mで施行。
  • 1993年 - 「中京競馬場開設40周年記念 シリウスステークス」として施行。
  • 1994年 - 「中京競馬場スタンド増築記念 シリウスステークス」として施行。
  • 1995年 - 指定交流競走に指定。
  • 1996年
    • 施行場を阪神競馬場・芝1200mに変更。
    • 負担重量をハンデキャップに変更。
    • 指定交流競走から除外。
  • 1997年 - 4歳(現3歳)以上の競走馬によるハンデキャップの混合・指定の重賞(GIII・統一GIII)競走として「第1回シリウスステークス」として昇格、阪神競馬場・ダート1400mで施行。
  • 2001年
    • 施行時期が12月から9月に変更。
    • 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走資格が「4歳以上」から「3歳以上」に変更。
  • 2005年 幸英明が騎手として史上初の連覇。
  • 2006年
    • 国際競走に指定。
    • 阪神競馬場の馬場改修工事により中京競馬場・ダート1700mで施行。
  • 2007年 - 施行距離をダート2000mに変更。
クラシック概要

クラシック競走という言葉は、元来イギリスサラブレッド競馬の黎明期から作られていた伝統的な競走を指して呼んだことが起源であり、一般的に以下の5競走がクラシック競走として呼ばれ、いずれも格の高い競走として位置づけられている。

当初は古来からある競走としてそれぞれ独立したものであったが、やがて牡馬が出走できる2000ギニー・ダービー・セントレジャーの3競走をすべて制すると三冠、牝馬限定の1000ギニー・オークスとセントレジャーを制すると牝馬三冠という特別な称号が与えられられるようになり、それらの競走ひとつひとつを制すること以上に、3つの競走を通して優勝することに重きが置かれるようになった。

この三冠の概念は後にアメリカ合衆国の競馬界などにも導入され、古くからある競走で三冠を形成したり、イギリスに倣って三冠を形成する競走をクラシック競走と呼ぶようになった。牡馬の競走に関しては2000ギニー・ダービー・セントレジャーの3競走を模倣しているものが多い一方、牝馬の競走に関してはばらつきが多く、特に3冠目の競走が牡馬のものとは別に新設されている場合もある。

主催する国・地域によって若干の違いはあるが、多くのクラシック三冠競走ではイギリスのものと同じく出走条件に「3歳馬限定」という決まりがあり、度の競走馬もクラシック競走に出走する機会は一生に一度だけである。また、これらの競走は種牡馬繁殖牝馬の価値を高めるための選定競走と位置づけられているものが多く、去勢されたせん馬が出走できない場合が多い。また、クラシック競走には事前にクラシック登録が義務付けられているものが多く、現代ではその制限は緩和されつつあるが、かつてはその制度がもとでクラシックに出走する機会を得られなかった馬も存在した。

重要なのはクラシック5競走で優勝することであるが、ほとんどの場合でそれらの競走のみに出走することはなく、前哨戦(プレップレース)を何戦か経験してから本番に挑むのが通例である。これらの前哨戦を含めたクラシック競走に至るまでの道筋は「クラシック路線」などと呼ばれ、優勝候補同士の力比べや距離適性、勝算の有無を見定めるためなどに役立てられる。一部の競走には、クラシック競走本戦への優先出走権を得ることができるものもある。

クラシック競走は基本的にいずれの施行団体においても価値のある競走として位置づけられているが、時代の変遷とともに長距離競走の価値が下落し、その影響でセントレジャーステークス、およびそれに相当する競走もまた価値が下落しつつある。このため、一部の国では本来3歳限定戦のセントレジャーを古馬が出走可能に条件変更したり、距離の改定を試みられるなど、クラシックとしての価値が消失しているところが見られる。

各国のクラシック

イギリス・アイルランド 

クラシック発祥の地であるイギリスのクラシック競走においても、すでに三冠の価値は大きく下落している。2000ギニーとダービーはともに権威ある競走うとして扱われているものの、距離体系の違いから、その両方に出走する陣営は非常に少なくなった。特にセントレジャーステークスはそこに出走する価値そのものの下落が激しく、1970年にニジンスキー凱旋門賞で敗れたときもセントレジャーを経由するローテーションが原因であったという指摘があるなど、その存在意義は薄れる一方である。

アイルランドでもクラシック三冠競走は存在したが、1983年にアイリッシュセントレジャーが古馬に開放され、三冠競走の体系は消滅している。また、アイリッシュダービーは開催時期からイギリスやフランスのダービー馬などが集う場として利用され、こちらもすでにクラシックとは名ばかりのものになっている。

 

日本

中央競馬

中央競馬クラシック三冠はイギリスのクラシック競走を模範として形成され、皐月賞・東京優駿・菊花賞・桜花賞・優駿牝馬5競走がクラシック競走として創設された。当初は牝馬の3冠目(ただし、牝馬は2冠までという考え方もあった)は本家と同様に菊花賞がそれに相当したが、1970年に3歳牝馬限定戦のビクトリアカップが創設され、後に同じ役割を果たす競走としてエリザベス女王杯、そして秋華賞が創設されると、牝馬三冠の最終戦はこれらに役割が移された。ただし、この新設された競走がクラシック競走と呼ばれることはなく、現在もクラシックは当初の5競走を指す言葉として使われている。

中央競馬においても世界的な傾向と同じく長距離競走の人気が低下しているが、現在でも菊花賞の価値は高く保たれており、クラシック三冠の価値も今もって最高の評価として健在である。ただし、出走可能な競走の選択肢が増えたことから、皐月賞ではなくNHKマイルカップから東京優駿に出走したり、菊花賞に向かわず天皇賞(秋)に出走する3歳馬も出るようになってきた。

中央競馬のクラシック三冠競走にはかつては厳重な出走制限があり、クラシック登録のない馬は出走できなかったほか、外国産馬や地方競馬所属馬に対する出走規制も存在した。現在ではクラシック追加登録制度の適応や、段階的に行われた出走規制撤廃などを経て、せん馬を除くほとんどの中央所属馬が出走できるようになった。2010年より、外国調教馬(海外からの遠征馬)の出走も可能になる。

 

地方競馬

地方競馬団体においても、それぞれの地域ごとに優秀競走馬選定を目的としたクラシック競走は行われており、サラブレッド以外のアングロアラブ競走やばんえい競走においても三冠競走が存在する。現在主流のサラブレッド競馬においては他地区との交流も盛んに行われており、一部のクラシック競走は中央所属の競走馬も出走可能なダートグレード競走である。

近年はこれらの優勝馬と中央競馬のダート路線の優秀な3歳馬を集め、盛岡競馬場ダービーグランプリにおいて全国のダービー馬同士の対決が企画されていた。ダービーグランプリの廃止後は、同様の役割を大井競馬場ジャパンダートダービーが担っている。

アメリカ合衆国・カナダ 

アメリカ合衆国では、クラシック競走といえば同国でもっとも大規模な三冠を形成するケンタッキーダービープリークネスステークスベルモントステークスの3競走のことを指している。これらは当時盛り上がりを見せていたこの3競走を制したギャラントフォックスが三冠馬と呼ばれたことがきっかけで呼ばれるようになったもので、イギリスの各競走を模したものではない。また、それらより古くからある競走にトラヴァーズステークスなどがあるが、それらがクラシックと呼ばれることはまずない。

アメリカの牡馬クラシック競走にはせん馬の出走が認められており、現在までにエクスターミネーターなど8頭のケンタッキーダービー馬が誕生している。

それぞれの競走はダートの馬場で行われ、また春季の約1ヵ月間で三冠戦が終わるという非常に短い期間も特徴的である。ダートとしては長丁場のベルモントステークス(12ハロン・約2414メートル)に関しては、他国のセントレジャー相当競走と同じくしばしば距離短縮の提言が上げられることもあるが、現在まで条件の変更もなく地位を保ち続けている。

また、牝馬のクラシック路線には同国最大の牝馬三冠路線であるニューヨーク牝馬三冠(マザーグースステークスコーチングクラブアメリカンオークスアラバマステークス)があるものの、王道の中距離路線に出走する多くの牝馬にとっては5月のケンタッキーオークスが最大の目標になっている。

カナダでは1949年に三冠設置が提唱されて、クイーンズプレートプリンスオブウェールズステークスブリーダーズステークスの3競走がカナダクラシック三冠競走として位置づけられた。ただし、いずれの競走もカナダ国内所属の競走馬のみ出走可能な競走で、かつカナダの競走馬でもアメリカクラシック三冠に挑むこともできるため、それに比べると価値は一枚落ちる。これらの大規模な三冠のほか、競馬場を運営する各団体ごとに三冠競走が設定されている。

概要
1955年に「産経賞オールカマー」の名称で創設された4歳(現3歳)以上の競走馬による重賞競走。条件や施行時期の変遷(次節参照)を経て、現在は主に天皇賞(秋)へのステップレースの位置付けをしており、特に1980年代後半から1990年代にかけての優勝馬にはスズパレード・オグリキャップ・ビワハヤヒデ・ヒシアマゾン・サクラローレル・メジロドーベルといった名馬が名を連ねていたが、宝塚記念が7月(現在は6月最終週)に行われるようになると、有力馬陣営の多くは夏の休養を十分に取れるように毎日王冠か京都大賞典を秋初戦として選ぶようになったため、しばらく優勝馬から同年のGI優勝馬は出ていなかったが、2007年の優勝馬マツリダゴッホが同年の有馬記念を勝利し、久々のオールカマー勝利後のGI優勝馬となった。 また同年のGI勝利馬ではないものの、2000年優勝馬メイショウドトウが翌年の宝塚記念を制覇している。

名のごとく、出走馬に広く門戸をあけた競走で、サラ系にアラブ馬が挑む年もあった。古い競馬ファンにはお祭り的要素が強い印象を与える競走となっている。1986年から1994年までの間、地方競馬招待競走となって帝王賞とブリーダーズゴールドカップと当競走を制すると地方交流3冠(交流3冠)と呼ばれ、また地方競馬所属馬のジャパンカップへの選考競走の意味合いを持つ競走となり、ジュサブロー(愛知競馬)・ジョージモナーク(大井競馬)の2頭が地方馬として勝利を収めた。

出走資格はサラ系3歳(旧4歳)以上のJRA所属馬、地方所属の競走馬(2頭まで)及び外国調教馬(9頭まで)。

負担重量はグレード別定で、3歳は54キロ、4歳以上は57キロ、牝馬は2キロ減を基本とし、更に牝馬限定GI級優勝馬を除くGI級優勝馬2キロ、牝馬限定GI級優勝馬・牝馬限定GII優勝馬を除くGII級優勝馬及び施行日当日から過去1年以上超の牝馬限定GI級優勝馬を除くGI級優勝馬1キロの負担が課せられる(2歳時の成績を除く)。

総額賞金は1億1700万円。1着賞金6400万円で、以下2着賞金2100万円、3着賞金1600万円、4着賞金960万円、5着賞金640万円。

なお、地方所属馬に限られるが、上位2着まで天皇賞(秋)への出走権(優先出走権ではない)が与えられるトライアル競走である。

歴代優勝馬
回数 施行日 優勝馬 性齢 勝時計 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 1955年10月16日 メイヂヒカリ 牡3 2:04.0 蛯名武五郎 藤本冨良 新田松江
第2回 1956年11月11日 トヨタニ 牡4 2:10.4 高橋英夫 鈴木信太郎 中村勝五郎
第3回 1957年10月20日 キタノオー 牡4 2:04.4 勝尾竹男 久保田金造 田中留治
第4回 1958年10月19日 マサタカラ 牡4 2:07.0 保田隆芳 古賀嘉蔵 西博
第5回 1959年10月18日 ウネビヒカリ 牡3 2:06.0 野平祐二 野平省三 山之内喜代子
第6回 1960年10月16日 ヤシマフアースト 牡4 2:02.5 保田隆芳 尾形藤吉 小林庄平
第7回 1961年10月15日 アズマテンラン 牡3 2:02.7 野平好男 二本柳俊夫 堀平四郎
第8回 1962年10月14日 リユウムサシ 牡3 2:03.4 森安弘明 元石正雄 田中彰治
第9回 1963年10月27日 ミオソチス 牝3 2:05.6 高松三太 川上武一 伊達政志
第10回 1964年10月18日 フラワーウツド 牝3 2:09.5 野平祐二 尾形藤吉 永田雅一
第11回 1965年10月10日 ミハルカス 牡5 2:04.6 加賀武見 小西喜蔵 平井太郎
第12回 1966年11月27日 ヒシマサヒデ 牡4 2:04.2 小野定夫 稗田敏男 阿部雅信
第13回 1967年10月22日 オンワードウエル 牡4 2:03.9 大和田稔 二本柳俊夫 樫山純三
第14回 1968年9月29日 スイートフラッグ 牝4 2:01.1 野平祐二 野平省三 和田共弘
第15回 1969年10月26日 ライトワールド 牡4 2:05.6 吉永正人 三井末太郎 渡辺光一
第16回 1970年10月25日 マキノホープ 牡4 2:01.8 加賀武見 田中和夫 田中角栄
第17回 1971年10月17日 キクノハッピー 牡3 2:01.5 波多野浩久 山岡寿恵次 田中伊三郎
第18回 1972年10月22日 イナボレス 牡3 2:01.4 宮田仁 大久保末吉 稲富稜人
第19回 1973年10月14日 ハクホオショウ 牡4 2:01.7 池上昌弘 尾形藤吉 西博
第20回 1974年10月13日 イチフジイサミ 牡4 2:04.4 郷原洋行 松永光雄 保坂勇
第21回 1975年10月12日 キクノオー 牡4 2:01.9 横山富雄 山岡寿恵次 田中伊三郎
第22回 1976年10月17日 グレートセイカン 牡4 2:02.2 郷原洋行 大久保房松 鈴木一朗
第23回 1977年10月16日 トウフクセダン 牡4 2:01.1 宮田仁 大久保末吉 井上芳春
第24回 1978年10月15日 ハセオーマ 牡3 2:01.4 柴田政人 佐藤勝美 長南鶴雄
第25回 1979年10月14日 ユキフクオー 牡4 2:02.0 小島太 古山良司 加藤友三郎
第26回 1980年10月12日 ブルーマックス 牡5 2:00.4 東信二 境勝太郎 角隆司
第27回 1981年9月20日 ハセシノブ 牝4 2:04.3 田村正光 畠山重則 長南鶴雄
第28回 1982年9月26日 トドロキヒホウ 牡4 2:02.7 安田富男 元石孝昭 町田圭三
第29回 1983年9月25日 スイートカーソン 牝4 2:03.6 増沢末夫 大和田稔 和田共弘
第30回 1984年9月23日 アサカシルバー 牡5 2:13.9 増沢末夫 高橋英夫 佐久間有寿
第31回 1985年9月22日 アサカサイレント 牡3 2:15.0 安田富男 元石孝昭 佐久間有寿
第32回 1986年9月21日 ジュサブロー 牡4 2:15.2 鈴木純児 安達小八 角田哲男
第33回 1987年9月20日 ダイナフェアリー 牝4 2:14.5 増沢末夫 鈴木康弘 (有)社台レースホース
第34回 1988年9月18日 スズパレード 牡7 2:12.3 蛯沢誠治 富田六郎 小紫芳夫
第35回 1989年9月17日 オグリキャップ 牡4 2:12.4 南井克巳 瀬戸口勉 近藤俊典
第36回 1990年9月16日 ラケットボール 牡5 2:13.3 坂井千明 松山康久 栗山博
第37回 1991年9月15日 ジョージモナーク 牡6 2:12.4 早田秀治 赤間清松 須原秀晴
第38回 1992年9月20日 イクノディクタス 牝5 2:12.1 村本善之 福島信晴 勝野憲明
第39回 1993年9月19日 ツインターボ 牡5 2:12.6 中舘英二 笹倉武久 黒岩晴男
第40回 1994年9月18日 ビワハヤヒデ 牡4 2:14.5 岡部幸雄 浜田光正 (有)ビワ
第41回 1995年9月18日 ヒシアマゾン 牝4 2:16.3 中舘英二 中野隆良 阿部雅一郎
第42回 1996年9月15日 サクラローレル 牡5 2:16.7 横山典弘 境勝太郎 (株)さくらコマース
第43回 1997年9月14日 メジロドーベル 牝3 2:16.6 吉田豊 大久保洋吉 メジロ商事(株)
第44回 1998年9月20日 ダイワテキサス 牡5 2:13.6 武豊 増沢末夫 大和商事(株)
第45回 1999年9月19日 ホッカイルソー 牡7 2:12.0 江田照男 田中清隆 (有)北海牧場
第46回 2000年9月24日 メイショウドトウ 牡4 2:15.8 的場均 安田伊佐夫 松本好雄
第47回 2001年9月23日 エアスマップ 牡6 2:13.9 柴田善臣 藤沢和雄 (株)ラッキーフィールド
第48回 2002年9月22日 ロサード 牡6 2:11.7 後藤浩輝 橋口弘次郎 (有)社台レースホース
第49回 2003年9月28日 エアエミネム 牡5 2:14.4 蛯名正義 伊藤雄二 (株)ラッキーフィールド
第50回 2004年9月26日 トーセンダンディ 牡6 2:13.4 勝浦正樹 森秀行 島川隆哉
第51回 2005年9月25日 ホオキパウェーブ 牡4 2:16.7 後藤浩輝 二ノ宮敬宇 金子真人ホールディングス(株)
第52回 2006年9月24日 バランスオブゲーム 牡7 2:12.1 田中勝春 宗像義忠 薗部博之
第53回 2007年9月23日 マツリダゴッホ 牡4 2:12.5 蛯名正義 国枝栄 高橋文枝
第54回 2008年9月28日 マツリダゴッホ 牡5 2:12.0 蛯名正義 国枝栄 高橋文枝
第55回 2009年9月27日 マツリダゴッホ 牡6 2:11.4横山典弘
Ferretアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。