一度は極めた競馬予想。大きな挫折を味わい今ここに羽ばたく馬のごとく、ブログデビュー。予想師さんの検証が1番です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
概要
1955年に「産経賞オールカマー」の名称で創設された4歳(現3歳)以上の競走馬による重賞競走。条件や施行時期の変遷(次節参照)を経て、現在は主に天皇賞(秋)へのステップレースの位置付けをしており、特に1980年代後半から1990年代にかけての優勝馬にはスズパレード・オグリキャップ・ビワハヤヒデ・ヒシアマゾン・サクラローレル・メジロドーベルといった名馬が名を連ねていたが、宝塚記念が7月(現在は6月最終週)に行われるようになると、有力馬陣営の多くは夏の休養を十分に取れるように毎日王冠か京都大賞典を秋初戦として選ぶようになったため、しばらく優勝馬から同年のGI優勝馬は出ていなかったが、2007年の優勝馬マツリダゴッホが同年の有馬記念を勝利し、久々のオールカマー勝利後のGI優勝馬となった。 また同年のGI勝利馬ではないものの、2000年優勝馬メイショウドトウが翌年の宝塚記念を制覇している。

名のごとく、出走馬に広く門戸をあけた競走で、サラ系にアラブ馬が挑む年もあった。古い競馬ファンにはお祭り的要素が強い印象を与える競走となっている。1986年から1994年までの間、地方競馬招待競走となって帝王賞とブリーダーズゴールドカップと当競走を制すると地方交流3冠(交流3冠)と呼ばれ、また地方競馬所属馬のジャパンカップへの選考競走の意味合いを持つ競走となり、ジュサブロー(愛知競馬)・ジョージモナーク(大井競馬)の2頭が地方馬として勝利を収めた。

出走資格はサラ系3歳(旧4歳)以上のJRA所属馬、地方所属の競走馬(2頭まで)及び外国調教馬(9頭まで)。

負担重量はグレード別定で、3歳は54キロ、4歳以上は57キロ、牝馬は2キロ減を基本とし、更に牝馬限定GI級優勝馬を除くGI級優勝馬2キロ、牝馬限定GI級優勝馬・牝馬限定GII優勝馬を除くGII級優勝馬及び施行日当日から過去1年以上超の牝馬限定GI級優勝馬を除くGI級優勝馬1キロの負担が課せられる(2歳時の成績を除く)。

総額賞金は1億1700万円。1着賞金6400万円で、以下2着賞金2100万円、3着賞金1600万円、4着賞金960万円、5着賞金640万円。

なお、地方所属馬に限られるが、上位2着まで天皇賞(秋)への出走権(優先出走権ではない)が与えられるトライアル競走である。

歴代優勝馬
回数 施行日 優勝馬 性齢 勝時計 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 1955年10月16日 メイヂヒカリ 牡3 2:04.0 蛯名武五郎 藤本冨良 新田松江
第2回 1956年11月11日 トヨタニ 牡4 2:10.4 高橋英夫 鈴木信太郎 中村勝五郎
第3回 1957年10月20日 キタノオー 牡4 2:04.4 勝尾竹男 久保田金造 田中留治
第4回 1958年10月19日 マサタカラ 牡4 2:07.0 保田隆芳 古賀嘉蔵 西博
第5回 1959年10月18日 ウネビヒカリ 牡3 2:06.0 野平祐二 野平省三 山之内喜代子
第6回 1960年10月16日 ヤシマフアースト 牡4 2:02.5 保田隆芳 尾形藤吉 小林庄平
第7回 1961年10月15日 アズマテンラン 牡3 2:02.7 野平好男 二本柳俊夫 堀平四郎
第8回 1962年10月14日 リユウムサシ 牡3 2:03.4 森安弘明 元石正雄 田中彰治
第9回 1963年10月27日 ミオソチス 牝3 2:05.6 高松三太 川上武一 伊達政志
第10回 1964年10月18日 フラワーウツド 牝3 2:09.5 野平祐二 尾形藤吉 永田雅一
第11回 1965年10月10日 ミハルカス 牡5 2:04.6 加賀武見 小西喜蔵 平井太郎
第12回 1966年11月27日 ヒシマサヒデ 牡4 2:04.2 小野定夫 稗田敏男 阿部雅信
第13回 1967年10月22日 オンワードウエル 牡4 2:03.9 大和田稔 二本柳俊夫 樫山純三
第14回 1968年9月29日 スイートフラッグ 牝4 2:01.1 野平祐二 野平省三 和田共弘
第15回 1969年10月26日 ライトワールド 牡4 2:05.6 吉永正人 三井末太郎 渡辺光一
第16回 1970年10月25日 マキノホープ 牡4 2:01.8 加賀武見 田中和夫 田中角栄
第17回 1971年10月17日 キクノハッピー 牡3 2:01.5 波多野浩久 山岡寿恵次 田中伊三郎
第18回 1972年10月22日 イナボレス 牡3 2:01.4 宮田仁 大久保末吉 稲富稜人
第19回 1973年10月14日 ハクホオショウ 牡4 2:01.7 池上昌弘 尾形藤吉 西博
第20回 1974年10月13日 イチフジイサミ 牡4 2:04.4 郷原洋行 松永光雄 保坂勇
第21回 1975年10月12日 キクノオー 牡4 2:01.9 横山富雄 山岡寿恵次 田中伊三郎
第22回 1976年10月17日 グレートセイカン 牡4 2:02.2 郷原洋行 大久保房松 鈴木一朗
第23回 1977年10月16日 トウフクセダン 牡4 2:01.1 宮田仁 大久保末吉 井上芳春
第24回 1978年10月15日 ハセオーマ 牡3 2:01.4 柴田政人 佐藤勝美 長南鶴雄
第25回 1979年10月14日 ユキフクオー 牡4 2:02.0 小島太 古山良司 加藤友三郎
第26回 1980年10月12日 ブルーマックス 牡5 2:00.4 東信二 境勝太郎 角隆司
第27回 1981年9月20日 ハセシノブ 牝4 2:04.3 田村正光 畠山重則 長南鶴雄
第28回 1982年9月26日 トドロキヒホウ 牡4 2:02.7 安田富男 元石孝昭 町田圭三
第29回 1983年9月25日 スイートカーソン 牝4 2:03.6 増沢末夫 大和田稔 和田共弘
第30回 1984年9月23日 アサカシルバー 牡5 2:13.9 増沢末夫 高橋英夫 佐久間有寿
第31回 1985年9月22日 アサカサイレント 牡3 2:15.0 安田富男 元石孝昭 佐久間有寿
第32回 1986年9月21日 ジュサブロー 牡4 2:15.2 鈴木純児 安達小八 角田哲男
第33回 1987年9月20日 ダイナフェアリー 牝4 2:14.5 増沢末夫 鈴木康弘 (有)社台レースホース
第34回 1988年9月18日 スズパレード 牡7 2:12.3 蛯沢誠治 富田六郎 小紫芳夫
第35回 1989年9月17日 オグリキャップ 牡4 2:12.4 南井克巳 瀬戸口勉 近藤俊典
第36回 1990年9月16日 ラケットボール 牡5 2:13.3 坂井千明 松山康久 栗山博
第37回 1991年9月15日 ジョージモナーク 牡6 2:12.4 早田秀治 赤間清松 須原秀晴
第38回 1992年9月20日 イクノディクタス 牝5 2:12.1 村本善之 福島信晴 勝野憲明
第39回 1993年9月19日 ツインターボ 牡5 2:12.6 中舘英二 笹倉武久 黒岩晴男
第40回 1994年9月18日 ビワハヤヒデ 牡4 2:14.5 岡部幸雄 浜田光正 (有)ビワ
第41回 1995年9月18日 ヒシアマゾン 牝4 2:16.3 中舘英二 中野隆良 阿部雅一郎
第42回 1996年9月15日 サクラローレル 牡5 2:16.7 横山典弘 境勝太郎 (株)さくらコマース
第43回 1997年9月14日 メジロドーベル 牝3 2:16.6 吉田豊 大久保洋吉 メジロ商事(株)
第44回 1998年9月20日 ダイワテキサス 牡5 2:13.6 武豊 増沢末夫 大和商事(株)
第45回 1999年9月19日 ホッカイルソー 牡7 2:12.0 江田照男 田中清隆 (有)北海牧場
第46回 2000年9月24日 メイショウドトウ 牡4 2:15.8 的場均 安田伊佐夫 松本好雄
第47回 2001年9月23日 エアスマップ 牡6 2:13.9 柴田善臣 藤沢和雄 (株)ラッキーフィールド
第48回 2002年9月22日 ロサード 牡6 2:11.7 後藤浩輝 橋口弘次郎 (有)社台レースホース
第49回 2003年9月28日 エアエミネム 牡5 2:14.4 蛯名正義 伊藤雄二 (株)ラッキーフィールド
第50回 2004年9月26日 トーセンダンディ 牡6 2:13.4 勝浦正樹 森秀行 島川隆哉
第51回 2005年9月25日 ホオキパウェーブ 牡4 2:16.7 後藤浩輝 二ノ宮敬宇 金子真人ホールディングス(株)
第52回 2006年9月24日 バランスオブゲーム 牡7 2:12.1 田中勝春 宗像義忠 薗部博之
第53回 2007年9月23日 マツリダゴッホ 牡4 2:12.5 蛯名正義 国枝栄 高橋文枝
第54回 2008年9月28日 マツリダゴッホ 牡5 2:12.0 蛯名正義 国枝栄 高橋文枝
第55回 2009年9月27日 マツリダゴッホ 牡6 2:11.4横山典弘
スポンサーサイト
Ferretアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。