一度は極めた競馬予想。大きな挫折を味わい今ここに羽ばたく馬のごとく、ブログデビュー。予想師さんの検証が1番です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安藤勝己

笠松時代
兄・光彰も騎手である影響から1976年、地方競馬の笠松競馬場で初騎乗。同年12月のジュニアグランプリをシプリアパールで優勝し初重賞を飾る。翌1977年は78勝を挙げリーディング2位となり、さらに1978年に116勝を挙げリーディングジョッキーとなる。以降リーディングジョッキーに君臨し続け、「カラスが鳴かない日はあっても、アンカツが勝たない日は無い」と言われるほどであった。1985年に「名古屋の天才」と謳われた坂本敏美が引退を余儀なくされた後は、2003年に中央競馬に移籍するまで笠松競馬場のみならず東海地区のトップジョッキーとして活躍した(JRA移籍時の通算勝利数は3299)。

笠松時代のお手馬
オグリキャップ
笠松時代のお手馬の中で、中央競馬でも活躍した馬として最も有名であるのがオグリキャップである。勝己は笠松時代の12戦のうち7戦で手綱をとり、その7戦では無敗であった。その後、オグリキャップは笠松を離れ中央へ転厩するが勝己は中央競馬の騎手免許が無いため騎乗することはできず中央移籍後は河内洋、南井克巳、岡部幸雄、武豊、岡潤一郎、増沢末夫らJRA所属の騎手が騎乗した。

それでも笠松で行われたオグリキャップの引退式では勝己がオグリキャップに跨りスタンドを2周し、笠松のファンを喜ばせた(オグリキャップは中央・地方時代を合わせて32戦を戦ったが勝己が跨った7戦という数字は河内、南井と並び最多である)。

オグリローマン
勝己はオグリキャップの半妹であるオグリローマンの笠松時代の主戦騎手も務めた。後にオグリローマンは中央競馬へ移籍し、1994年の桜花賞を武豊を背に制した。

現在では、地方競馬所属騎手が中央競馬で騎乗し活躍することは珍しくない(戸崎圭太、吉田稔など)。しかし1994年までは地方所属騎手が騎乗できる中央競馬の競走はオールカマー、ジャパンカップといった地方競馬所属馬が出走できる競走や地方競馬騎手招待競走のみに限られており、勝己が中央の舞台で両馬の手綱を取れなかったのはやむをえないことであった。

中央競馬への参戦
勝己がJRA初勝利を挙げたのは1980年5月、阪神競馬場で行われた地方競馬騎手招待競走で引退後に種牡馬として成功しその名を残すヤマニンスキーによるものである。

1995年は「交流元年」とも呼ばれ、多くの指定交流競走が設けられ中央競馬のGIおよびステップレースが地方所属馬へと大きく開放された年であった。同年ライデンリーダーと安藤は10戦10勝の成績を引っさげ、笠松競馬所属のまま中央競馬の重賞・4歳牝馬特別(現・フィリーズレビュー)に出走した。2番人気ながらライデンリーダーと勝己のコンビはレースレコードで勝利を収める。この時スタートしてから第4コーナーに差し掛かるまでずっと勝己はライデンの手綱をしごきっぱなしであり、それでもズルズルと下がって位置取りを悪くしてしまう様子を見た関西テレビの杉本清は「好位に上がろうとしますが、中団からやや後ろといった所…」と不安そうに実況している。しかし、ライデンリーダーは直線の入り口でグッと体を沈めるような姿勢をとると矢のような末脚で全馬をまとめて差しきってしまった。レースの流れについて行けないように見えた姿からは想像もできないその破壊力に、杉本アナは「ライデン…!」と言ったきり絶句。少し間が空いた直後「これは強い!!恐れ入った!!」と絶叫している。そのためこのレースの中継VTRは、直線残り200メートル付近からは一時競馬場の大歓声だけが聞こえているという非常に珍しいものとなっている。

続く桜花賞では後の優駿牝馬(オークス)優勝馬・ダンスパートナー、悲願の桜花賞初制覇を目指す岡部幸雄騎乗のプライムステージのサンデーサイレンス産駒2頭を抑え勝己とライデンリーダーは単勝1.7倍の1番人気に支持される。しかし3、4コーナーで内外を包まれ身動きが取れず、ワンダーパヒュームの4着に敗れる。続くオークスでも1番人気に支持されるがハイペースの中、道中2番手を追走したライデンリーダーは直線半ばで失速、13着に大敗する。秋はローズステークスで3着に入り当時の牝馬三冠最終戦であるエリザベス女王杯に出走するが、見せ場なく13着に敗退。

その後ライデンリーダーと安藤のコンビが中央で勝ち星を挙げることはなかったが、「交流元年」に笠松から現われたライデンリーダーと勝己の活躍は非常に大きな衝撃だった。

中央競馬への移籍

JRA騎手試験を受験
上記のように中央競馬でも重賞を8勝、通算100勝を達成するなど活躍していた勝己は2001年に中央競馬への移籍を目指してJRA騎手試験を受験するが不合格(JRA競馬学校卒業者と同じく学科試験を課されたからであると言われ、地方とはいえこれだけの実績を残した騎手を学科試験で不合格にしたのはナンセンスであると批判された)。この事態を受けて、JRAは翌年から中央競馬で一定の成績を残した地方所属騎手に対する試験要項改定(具体的には「過去5年間に中央競馬で年間20勝以上の成績を2回以上挙げた騎手」に対し、1次試験を免除するもの。アンカツ・ルールといわれる)を行った。そして2002年、再び受験し合格。

中央競馬移籍
2003年

騎手試験合格後中央競馬へ移籍し2003年3月1日、阪神競馬で中央競馬所属騎手としてデビュー。同日の第6競走で移籍後初勝利を挙げる。その後3月30日には高松宮記念(中京競馬場)をビリーヴで優勝中央騎手デビューから30日という速さで、また「お膝元」でのGI初制覇となった。また同年、菊花賞をザッツザプレンティで勝利しクラシック競走初制覇。最終的にこの年は112勝を挙げ、リーディング3位となる。

2004年 
キングカメハメハで東京優駿(日本ダービー)を制しダービージョッキーとなるなどGI競走を7勝(中央GI4勝)。

2005年
スズカマンボで天皇賞(春)初優勝を飾り、JRAでのGI競走初の100万馬券を演出した。

2006年

キストゥヘヴンで桜花賞、ダイワメジャーで天皇賞(秋)、マイルチャンピオンシップを制覇。

2007年
ダイワスカーレットで桜花賞(連覇)、秋華賞の牝馬二冠を達成。また同馬でエリザベス女王杯も制、京都競馬場で行われるGI・JpnIの完全制覇を達成した。

さらにサンライズバッカスでフェブラリーステークスを、ダイワメジャーで安田記念・マイルチャンピオンシップ(連覇)を制し、中央GI・JpnI6勝を挙げる(2007年11月18日現在GIおよびJpnI計16勝)。これは2005年の武豊のと並ぶJRA記録である。

ワールドスーパージョッキーズシリーズに出場。世界中の名騎手たちが参加する中、15人中3位と健闘した。

11月17日に京都競馬場でJRAタイ記録で史上3人目となる騎乗機会6連勝を達成する。

この年のJRA賞最高勝率騎手を受賞(.238)。なお連対率(.410)&複勝率(.524) 共にこの年のトップであった。

2008年

2月3日、京都牝馬ステークスアドマイヤキッスで優勝しJRA通算800勝を達成した。

12月7日、千両賞(500万下)をリーチザクラウンで勝利しJRA通算900勝を達成した。

12月14日、阪神ジュベナイルフィリーズブエナビスタで優勝

12月28日、有馬記念ダイワスカーレットで優勝し有馬記念初制覇と共に中山の芝重賞初制覇。

2009年 
4月12日、桜花賞ブエナビスタで優勝し同レース3勝目。

5月24日、優駿牝馬(オークス)ブエナビスタで優勝し同レースの初制覇し、これで八大競走の中で制していない競走は皐月賞のみとなった。

エピソード
安藤勝己は自分の騎手への価値観に関し、「笠松競馬場のリーディングジョッキーであり続ける中でリーディングジョッキーに価値を感じなくなり、さらに目指すべき目標がなくなったことで騎手という職業自体に魅力を感じなくなりしばしば騎乗をサボタージュし、南関東への移籍や調教師への転職を考えた時期がある。しかし地方競馬および中央競馬に指定交流競走が創設され、フェートノーザンやトミシノポルンガに騎乗してそれらの競走に出走する中で競馬に面白さを感じるようになった」と語っている。
中山競馬場とは相性が悪く、2008年の有馬記念を制覇するまではGI級競走を制覇していない上に、その他の重賞もマーチステークスの1勝のみで芝コースの重賞に至っては上記の有馬記念まで一度も勝てなかった。他方で東京競馬場とは相性が良く、GI級勝利の半数近くを占めている。
現在、中央競馬のGI級競走開催週には中日スポーツ(現在は東京中日スポーツにも掲載)に「アン勝つ」という手記を寄せている。この中日スポーツでは中央移籍後、馬柱の騎手欄で「安藤」と載せたところ読者から「笠松の時代から慣れてきた『安藤勝』表記でないので違和感がある」といったクレームが多数寄せられ笠松時代同様に「安藤勝」と変更したというエピソードがある(他の予想紙・スポーツ紙は「安藤」のまま)。2007年3月からは光彰の中央移籍に伴い、全紙「安藤勝」になっている。
2003年の中央移籍後、6年連続でGI勝利ならびに年間100勝以上を達成している。また移籍後7年で皐月賞をのぞく旧八大競走をすべて制覇している。
近年はレースに集中するために騎乗数を抑えているが、連帯率、複勝圏率は極めて優秀である。騎乗依頼に関しては東西問わずに受けるようにしており、GI請負人として厚い信頼を得ている。

主な勝ち鞍 

GI級

斜字は統一GI級を指す)

これらは全て中央競馬移籍後であるが、笠松競馬時代にも1989年帝王賞1992年ダービーグランプリ(当時は格付け無し)などを勝利している。

スポンサーサイト
Ferretアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。