一度は極めた競馬予想。大きな挫折を味わい今ここに羽ばたく馬のごとく、ブログデビュー。予想師さんの検証が1番です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中山競馬場

概要
中山競馬の起源は1907年(明治40年=開催年)に千葉県東葛飾郡明村大字岩瀬(現在の松戸市大字岩瀬)につくられた松戸競馬倶楽部で、1919年(大正8年)8月10日に陸軍省により敷地の接収を受け、東葛飾郡中山村大字若宮(現在の市川市若宮)へ移転した。 1920年(大正9年)には中山競馬倶楽部と名称が改められ、1927年(昭和2年)に少し北東側の東葛飾郡葛飾村古作(現在の船橋市古作)に馬場が移された。その後、1937年(昭和12年)に日本競馬会(現在の日本中央競馬会)へ統合、中山競馬場として発足し現在へ至る。移転後の初開催は1920年(大正9年)3月12日である。


昭和5年発行中山競馬・千葉県観光案内地図(図-1)中山競馬は千葉県における観光事業の1つとなっており、昭和5年には図-1のような観光地図も作られた。

「中山」の名称の由来は、移転当初、施設の大部分が千葉県東葛飾郡中山村(1934年(昭和9年)11月3日に市川市へ編入)に属していた(残りは葛飾村(1937年(昭和12年)4月1日に船橋市へ編入))ことに由来する(現在地には1927年(昭和2年)10月に建設が決定され、1930年(昭和5年)に開設された)。
1940年に開催される予定であった東京オリンピックでは馬事公苑や東京競馬場とともに馬術競技で使用されることとなっていたが、日中戦争の影響で中止となった。

歴史的には、東京競馬場の東京優駿(日本ダービー)に対抗する競走を設けることが長い間念願であった。周辺の地形が起伏に富んだ地形であり、それを生かして障害コースが設けられ、そこを舞台に中山大障害が開催された。さらに、第2代理事長有馬頼寧によって中山グランプリ(現在の有馬記念)を創設。今では年末の風物詩となっている。

また、年末にはクリスマスのイルミネーションが施されるが、高さ20mのヒマラヤスギを使ったクリスマスツリーは、生きた樹木のクリスマスツリーとしては日本国内で最大級である。他の見所としてはパドック近くに建てられたハイセイコーの像がある。

アメリカのローレルパーク競馬場と提携を結んでおり、ローレル競馬場賞中山牝馬ステークスが施行されている。


中山競馬場沿革

大正時代の中山競馬場1906年(明治39年) 松戸競馬倶楽部が松戸競馬場を開設(開催は翌年の1907年)。
1918年(大正7年) 陸軍工兵学校の開校に伴い、船橋移転、中山競馬倶楽部と改正。行徳海岸に競馬場を整備し始める。
1923年(大正12年) 関東大震災の大津波で、完成間際の競馬場が壊滅的な打撃を受け、現在の船橋市古作へ移転。
1928年(昭和3年) 現在の中山競馬場にて移転後、最初のレースが行われる。
1942年(昭和17年) 競馬開催中にドーリットル隊による日本本土初空襲が行われる。
1943年(昭和18年) 閣議決定で、競馬開催の一時停止される。
1944年(昭和19年) 中山競馬場が閉鎖、陸軍に接収され、敷地は、陸軍軍医学校中山出張所(血清ワクチンの製造工場☆参考)、立川航空隊(軍需品集積所)、東部第5部隊駐留地、軍管轄の自耕農場などとして活用される。
1946年(昭和21年) 陸軍軍医学校中山出張所の血清製造工場が千葉県に貸与され、千葉県血清研究所となったが、進駐軍の農場として接収されたため、移転。
1947年(昭和22年) 米軍から返還、中山競馬場として再開する。
1954年(昭和29年) 日本中央競馬会中山競馬場となる。 


中山競馬場概要 
芝コースは内回りと外回りがあり、内回りコースは一般的なトラック状で1周1667メートル。外回りコースは内回り2コーナーから3コーナーにかけて外側を回り、外回りコース全体でみると3コーナー側がやや潰れたおむすび状のコースで1周1840メートル。直線の長さは310mで、これは内回り・外回り共に同じ。主要4場の中では小回りなコースで内回りコースおよびダートコースのカーブの半径は札幌競馬場より小さく、ゴールまでの直線は中京競馬場より僅かに短い。なお、外回りコースは戦後に新設されたものであり、1966年頃の馬場改装までは、1コーナーから外回りコースに入る様になっていなかったので、現在の芝2200mなどのようにスタンド前発走で外回りコースを通るレースは実施できなかった。

ダートコースは芝コース内回りのさらに内側に設けられ、1周1493メートル、直線は308m。いずれもゴール前に高低差2メートル以上の急坂が設けられ、レースの大きな見せ場となっている。

また、障害コースはダートコースの内側から芝・外回りコースの内側に設けられており、1周1456メートル。途中でダートコース・芝内回りコースを横切る形となる。さらにその真ん中に大障害コースが設けられている。同コースは年に2度しか使わないがその2度が春の中山グランドジャンプと暮れの中山大障害である。1回目の大障害コースでは大竹柵(高さ160cm・幅205cm)を・2回目の大障害コースでは大生垣(通称赤レンガ、高さ160cm・幅240cm)をクリアしていく。バンケットと呼ばれる急坂も用意している。この2競走はいずれもJ・GIであり、障害の最強馬決定戦と言われている。1999年夏には2コーナーから芝外回りコースに出るための抜け道が新設され、芝外回りコースに置き障害が置かれるレースも設けられたが、かつて(昭和40年代)は芝外回りコースの向正面を障害コースの一部としても使用していた関係で(この部分の障害は置き障害を使用)、2コーナーと3コーナーに障害コースへの出入り口があったため、厳密には復活と言える。なお2007年の開催から走路保護を目的として、第1回(1月)・第2回(3月)・および第4回(9月)開催では、3コーナー手前の3号坂路(バンケット)に移動柵を設置する(これによる競走距離の変更は無い)。


中山競馬場距離設定
芝内回り:*1,000m *1,400m 1,800m 2,000m 2,500m 3,600m
芝外回り:1,200m 1,600m 2,200m *2,600m *4,000m
芝内外混合:*3,200m(1周目外回り・2周目内回り)
ダート:*1,000m 1,200m *1,700m 1,800m 2,400m 2,500m
障害芝:2,710m *3,030m 3,210m 3,350m *3,370m 3,570m 4,100m(大障害)4,250m(大障害)
障害ダート:*2,700m 2,880m 3,200m *3,550m
※*印の距離の競走は、2008年現在施行されていない。ダート2,500m戦は久しく行われていなかったが、2008年の第1回中山競馬2日目(1月6日)の第4レースで久々に行われた。


フルゲート(出走可能頭数)
芝コース:1,000mと1,400mは10頭、2,000mと2,200mは18頭、その他の距離は16頭(いずれもAコース使用時)。
ダートコース:1,000mは14頭、1,700mは12頭、その他の距離は16頭。
障害コース:ダート3,550m、芝3,570m、大障害4,100m、および大障害4,250mが16頭、その他の距離は14頭。

スポンサーサイト
Ferretアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。