一度は極めた競馬予想。大きな挫折を味わい今ここに羽ばたく馬のごとく、ブログデビュー。予想師さんの検証が1番です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

配当

高額配当

「勝馬投票」をする人たち、つまり馬券を買う人たちはレース終了後の配当が大きくなることを期待する。配当が100倍を超える馬券、つまり100円あたりの払戻金が1万円を超える馬券のことを『万馬券』と言う。また2002年に誕生した馬番号三連勝複式(3連複)や2004年に誕生した三連勝単式(3連単)の登場で若しも10万円(1000倍)を超えると十万馬券、100万円(1万倍)を超えると百万馬券、そして1000万円(10万倍)を超えると一千万馬券と言われる。

2005年4月9日には福島競馬場で初の1000万馬券が発生した。その1ヶ月後の5月13日には大井競馬場で史上2度目の1000万馬券が飛び出し、記録したばかりの最高配当記録が更新されるまでに至る。しかも的中したのは発売176157票中たったの1票(=100円)だけだった。さらに10月22日には東京競馬場で1846万馬券が誕生、2000万馬券も間近という大万馬券となった。

様々な理由により(理由が明確にならないことも多い)、何年も続けて高額配当となる競走がある。そのような競走のことを「荒れる競走」と呼ぶことがある。

最高額配当記録

  • 中央競馬では2005年10月22日に開催された東京競馬第12競走(16頭立て)において、3番ゼンノエキスプレス(16番人気)→11番カネスベネフィット(12番人気)→4番ケイアイカールトン(3番人気)の順に入り、3連単の配当が1846万9120円(3360通り中3344番人気、総票数450万4663票中的中票数18票)となったのが最高記録である。
    • 重賞競走では2008年10月19日に開催された京都競馬第11競走「第13回秋華賞(JpnI)」の3連単の配当1098万2020円が史上最高額(牝馬限定重賞競走でも最高額)となっている。
  • 地方競馬では2009年2月4日に開催された船橋競馬第7競走(12頭立て)において、11番トミケンソリッド(11番人気)→6番モエロタケショウ(10番人気)→10番タイアルディー(7番人気)の順に入り、3連単の配当が1911万円(1320通り中1303番人気、総票数25万8943票中的中票数1票)となったのが最高額である。この記録は中央・地方を両方を含めた国内競馬全体のみならず、国内の公営競技全体においても史上最高額である(重勝式を除く)。
  • アメリカでは、2005年5月7日に開催された「第131回ケンタッキーダービー」で4連単が86万4253.5倍という超高額配当が出ている。
スポンサーサイト
Ferretアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。